EMBLOOM(エンブルーム) / STANDARD Line リボンピンズ

EMBLOOM(エンブルーム) / STANDARD Line リボンピンズ

3,500円(税込3,850円)


種類
購入数

大阪/松原

「EMBLOOM」は、フラワーホールをさりげなく彩るブートニエールです。
男性のスーツの襟の折り返し(=ラペル)には穴があり、元は第一ボタンのボタンホールでしたが、いつしかそのホールに花かざりを挿すようになりました。
そして現在では、その穴を「フラワーホール」と呼び、社章やピンバッジなど小さなアクセサリーをつける穴として存在しています。
最近はこのフラワーホールをさりげなく彩るブートニエールやラペルピンがおしゃれな男性の間ではブームになっています。

上質な装飾リボンでできています

EMBLOOM

渡辺徽章は包材で使用されるリボンではなく、ファッションブランドが服飾パーツとして扱う、上質な装飾リボンで作られています。
裁断から縫製、仕上げまで完全に手作業で行なっているため、丁寧でしっかりとした作りとなっております。

さりげなく違いを見せる大人のたしなみ

EMBLOOM

フォーマルになりすぎず、ワンポイントとしてスーツやジャケットの襟元を彩ってくれるため、タイやチーフなどよりも、気軽に楽しめむことのできる上品なメンズアイテムとしてご利用いただけます。

EMBLOOM
サイズ約直径25mm
パッケージサイズ横90mm × 奥行90mm × 高さ30mm
素材服飾専門リボン
  • 手づくりのため多少個体差があります。

産地紹介
INTRODUCTION

松原

大阪/松原


着けている人の品格をぐっと高める、様々なお祝いごとの場には欠かせないのが徽章です。いろいろな場所で目にするものですが、実は国内で製造している会社は渡辺徽章株式会社を含めて3社となっており、大阪では唯一ここだけです。
中国から入ってきた金工の技術が、江戸時代、明治時代、戦後の高度経済成長とともに発展し、今や表彰や入学式、卒業式など様々なライフイベントの象徴のような存在ですが、少子化、高齢化に伴う徽章業の事業継承もあり岐路に立っている産業であることも事実です。
EMBLOOMを実際に手にとって頂いて、その繊細な技術を直に感じていただくことで、徽章の業界に注目してみてください。

ブランド・企業紹介
INTRODUCTION

渡辺徽章株式会社(ワタナベキショウ)


勲章の成り立ちは、明治の頃より個人の功績を国家が表彰するために授与された勲章に始まったと伝えられています。現代においても様々な式典で華やぎを与え、スポーツやお祝い事などに欠かせない伝統文化として継承されています。渡辺勲章株式会社では、女性職人による裁断・縫製から形成・仕上げの工程までを創業より変わらぬ、一貫製法にて作り続けており、職人が作る日本の『おめでたい』を彩る商品や文化を現在も守り続けています。

商品ができるまで
PRODUCT STORY

大阪にある1977年創業の渡辺徽章との協業で生まれたメンズ向けのアクセサリー、「EMBLOOM(エンブルーム)」が誕生しました。
ブートニエールの原型は、花をモチーフにしており、結婚式といった華やかな場につけるアクセサリーです。 そして、この「EMBLOOM」もリボン徽章を元に製造しているため、バラをモチーフにしています。 フォーマルな場やドレスアップしたい時にはピッタリなアクセサリーです。
中世ヨーロッパでは、結婚を申し込むときに男性は花束を差し出し、それを女性が受け入れる場合にはそのブーケの中から、花一輪を男性の胸元に挿して喜びの気持ちを伝えたそうです。
そんな素敵な風習を現代のあらゆる社交の場に、華やぎを添えてみてはいかがでしょう?

その他のおすすめ


PICKUP