相手を敬う気持ちから生まれた「礼儀作法」

日常生活における「正しい礼儀作法」と聞くと何となく堅苦しい印象がありますが、
礼儀作法とは、ただ決まり事を守るということではなく「人を大切に思う心」が根本にあり、
相手を敬う気持ちから生まれたもので、先人が長い歴史をかけて培ってきた
人間関係を円満にする知恵なのだそうです。
そう考えると、礼儀作法について学んでみたい気持ちになりませんか?

今まで「何となく知っているけど、人に説明するにはちょっと自信がない」
そんな贈りもののマナーをこれから数回に分けてご紹介いたします

【 INDEX 】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1. ご進物とは
2. 熨斗(のし)紙と掛紙(かけがみ)
3. 熨斗紙の水引の種類と用途
4. おまけ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
1. ご進物(ごしんもつ)

「ご進物でしょうか?」よく耳にする言葉ですが、
ご進物とは人に差し上げる品物、贈り物のことを言います。
昨今のご進物の場合、水引・熨斗(のし)が印刷された熨斗紙を使用し、進物の体裁を整える
簡略化された方法が一般的です。
下記の図のように、水引と熨斗が印刷されたものが「熨斗(のし)紙」です。
熨斗や水引の印刷がないものは「掛紙(かけがみ)」と言います。

 

noshi4 かけがみ

 

ラッピングや贈りものと言えば、リボンをかけたりもしますが、
熨斗紙・掛け紙とリボンは一緒にはかけません。どちらか一方のみです。
私は、自分で持って行く普通の贈りものや手土産や、あまり仰々しくしたくない進物の場合は
お返しの気遣いをさせないため、リボンをかけてもらうようにしています。
リボンがかかった贈りものは、プレゼントとして可愛らしいですよね。

 
2. 熨斗(のし)紙、掛紙(かけがみ)について
御祝単独  結婚祝単独

贈りものをする時に、どの熨斗紙を選んだらいいの?
ざっくりした覚え方のチェックポイントは3つです。
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Check ? 水引の色が紅白(紅金)か白黒(黄白)か。
→紅白は慶事/お祝いごと、黒白は弔事/お悔やみごとや法事に使用されます。


Check ? 水引が蝶結びか、結切り・あわじ結びか。
→蝶結びはお祝いごとのみのため、紅白の水引にのみ使われます。
→結び切り、あわじ結びは、水引は紅白、白黒の両方があり、
 これきりにしたいことのときに使います。
 紅白はおめでたいことでも繰り返さないほうが良いこととして、
 婚礼関係や怪我・病気関係(快気祝い)に使います。
 白黒はお悔やみごとや法事に使います。


Check ? 熨斗つきか、熨斗なしか。
→紅白の水引をかけると、どうしてもおめでたい感が出てしまいますので
 それがふさわしくないとき、例えば「御詫び」や「御見舞」などは、
 「熨斗なし」「水引なし」の「掛紙」を使います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 
3. 熨斗紙の水引の種類と用途
【慶事/よろこばしいこと、お祝い事】 
【 蝶結び 】
御祝単独

蝶結びは「ほどいて何度でも結べる」ので、
将来重ねて起こってもおめでたい場合の贈りものに使用します。
→出産お祝い、新築お祝い、出産内祝、新築内祝、お年賀、お中元などの季節のご挨拶など。

弔事や病気見舞いに使用すると、「不幸を重ねる」「病気を繰り返す」という
意味となってしまいますので注意しましょう。

 

【 結び切り 】
御祝単独

結び切りは固く結ばれ解けない(離れない)ことを願い、婚礼関係に用いられます。
「繰り返すことのないように」「今回一度で終わる」という意味が込められています。
婚礼関係の場合、5本まとめたものを1本として扱い、
5本の束を2本まとめて使用するのが一般的です。(10本結び切り)
→ご結婚祝い、結婚内祝い、結納など

 

【 あわじ結び 】
御祝単独

あわじ結びは、慶事、弔事共に使用することが出来ます。(慶事は紅白、弔事は黒白)
「結び切り」同様に結びを解くのが難しい結び方なので、
輪の部分が鮑(あわび)を表し、両端を持って引っ張るとさらに強く結ばれることから
「末永くつき合う」という意味も持ちます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 
【病気や怪我などのお見舞い、弔事/おくやみごと】
・お見舞い
御祝単独 お見舞い

何度もあってはいけない、一度きりでという気持ちを込めて、結び切りを使用します。
紅白の結び切りの水引で「熨斗なし」の掛紙を使用しますが、
紅白の場合おめでたい感が出てしまいますので、それがふさわしくないと言う場合は、
水引なし熨斗なしの掛紙を使用します。

→病気や怪我、不慮の事故(自然災害や火災を除く)に遭った方へのお見舞いに使われます。

・快気祝い
御祝単独

何度もあってはいけない、一度きりでという気持ちを込めて、結び切りを使用します。
上記お見舞いを頂いて、回復したときの返礼に使われます。
紅白結び切の水引で「熨斗あり」の熨斗紙を使用します。

 
・法事、おくやみごと

何度もあってはいけない、一度きりでという気持ちを込めて、結び切りを使用します。
→御霊前、御佛前、御供など。

次回は、熨斗紙の表書きと名前の書き方についてご紹介します。

  • ALMA アルーマ
  • ツリーピック TREE PICKS
  • シオリボン SEE OH! Ribbon

営業日について