福虎添藝 / 大堀相馬焼 ビアタンブラー


ビアタンブラー

常に進化し続け今を駆け抜ける
大堀相馬焼


福島県の陶磁器産地大堀相馬焼と台湾の有名なクラフトビールの臺虎精釀(タイフーブルーイング)のコラボレーションプロジェクトで制作されたビアタンブラーになります。東日本大震災を経て復興しつつある大堀相馬焼の「二重構造」という独特の伝統技術、と臺虎精釀の醸造技術と晩酌文化、両国の「器×食」の飲食文化交流を通し、窯元と醸造のものづくり職人同士の技術の磨き、融合しながら、一年かけて商品を開発しました。その中で、大堀相馬焼はその特徴の一つである「二重焼き」を活かし最適な温度を保ち美味しく飲めるビアタンブラーを制作。進化している大堀相馬焼は、臺虎精釀と出会い、共に日本と台湾の方々に新たな晩酌ライフスタイルを提案します。


大堀相馬焼


福島県浪江町大堀地区に伝わる「大堀相馬焼」は、江戸時代に始まり300年以上の歴史を持つ伝統的工芸品です。貫入(ひび割れ) 、二重焼き、駒の絵などの特徴を有し、町民はもちろん地域のみなさまに広く親しまれてきました。2011年3月の東日本大震災と原発事故により23軒あった窯元はすべて町外へ避難を余儀なくされましたが、現段階で11軒の窯元は各地で窯の再興を果たしています。今年度は、海外のクラフトビールブランド臺虎精釀と出会い食文化や器文化、ものづくりといった異文化交流から始まり、プロダクトコラボレーションという枠を超えた新たな可能性を挑戦しています。進化していく大堀相馬焼の姿を日本国内だけではなく海外にも発信していきます。

福虎添藝 / 大堀相馬焼 ビアタンブラー


ITEM LINEUP

  • 20歳未満の者の飲酒は法律で禁止されています。
  • 20歳未満の者に対しては酒類を販売しません。