南條工房 佐波理おりん 勘三郎りん 二寸五分/南條 和哉

25,000円(税込27,500円)

在庫 2 売切れ間近!

心地よく響き寄添う音色

南條工房


佐波理製おりんの澄んだ音色は魔を払い浄める力があると信じられてきました。
澄み切っていながらも落ち着いた音色と長い余韻は、故人への祈り・マインドフルネス・ヨガ・ヒーリングなど自由にお使いいただけ、その音色は心地よく響き寄添います。
おりんはサイズが小さいほど高音で澄んだ音色になります。「佐波理 勘三郎りん 二寸五分」は高音の澄み切った音色を響かせます。

荒々しくも繊細な現場から時代を超えて鳴り響く音

南條工房

南條工房

おりんの製造はまず鋳型を作るところから始まります。完成した鋳型は焼成炉で高温で焼かれます。この鋳型を焼くという工程は昔から精密な物を作る際に用いられてきました。焼かれた鋳型を作る土や、合金を流し込むタイミングが最終の音の良し悪しに深く関わります。
冷え固まった合金は、削り、焼きを入れ、お寺さんごとに音階をチューニングしていきます。おりん作りは荒々しくも繊細な現場です。
南條工房は伝統的な焼型鋳造法による鳴物神仏具製造を行っています。全ての製品に使用している「佐波理(さはり)」と言われる青銅は、鋳造・加工の際に伝統の技術が必要なため国内でも数件しか製造していません。

商品詳細

ブランド 佐波理おりん
商品名 勘三郎りん 二寸五分
サイズ 直径約7.6cm、高さ約4.5cm
重量 約240g前後
素材 佐波理(さはり)銅と錫の合金
生産国 日本 京都府京都市
注意事項 *こだわりの音色のため錫の配合を増やし、硬さを増しています。落としたり強い衝撃を与えると割れたりヒビが入ったりする場合がございます。外見には損傷がない場合でも音色が響かなくなってしまいますので、お取り扱いには十分ご注意いただけますようお願い申し上げます。
*一つ一つ手作りのため、サイズ/重量/音色に個体差がありますご了承ください。
 

ブランド紹介

南條 和哉
南條 和哉
1979年京都市生まれ。2003年鳴物神仏具製造に興味を持ち、六代目南條勘三郎に師事。2011年「京もの認定工芸士」認定。伝統技術の習得だけではなく、現在のライフスタイルに合うおりんの開発にも挑戦中。
職人工房商品一覧はこちら