長岡銘竹 竹箸

長岡銘竹 竹箸

2,000円(税込2,200円)

在庫 0 売切れ中


京都/大山崎町

京銘竹の白竹を使用し、職人が一本一本手作りしました。箸先まで四角く整っており、隙間ができにくい作りになっています。そのため、一本の麺、一粒の米も掴みやすいお箸です。
京銘竹は「京もの指定工芸品」に指定されており、建築や装飾品、竹工芸など幅広く利用される美しい竹材です。竹の独特の丸みを生かすように、竹垣製作で培った技術を用いて製作しています。

京銘竹とは

長岡銘竹 竹箸

京都産の竹で京都ならではの技法で生産された竹のうち、『白竹・胡麻竹・図面角竹・亀甲竹』を京銘竹と呼びます。
「京銘竹」は、京都ならではの油抜きの方法で行います。竹の表面を火で炙り、中から滲み出てきた油分を綿で綺麗に拭き取り、天日で干して乾燥させています。そうすることでツヤの良い、しっかりとした竹になります。

長岡銘竹 竹箸
サイズ長さ22.5cm
重量10g
素材京銘竹
  • 無塗装で作っております。使用後、長時間水に浸けたままにしないでください。
  • 洗った後はすぐに水滴をふき取り、風通しの良い場所で乾燥させてください。
  • 食器洗い乾燥機の使用はお控えください。

産地紹介
INTRODUCTION

京都

京都/大山崎町


「京銘竹」を含む京都産の竹の多くは、弊社の近隣の地域、京都市西京区・向日市・長岡京市・大山崎町で生産されています。また、この地域のタケノコも料亭などでも利用されるように非常に質がよく美味しいとされています。
この辺りの地域の気候は、雨が多く、寒暖の差が大きく、非常に美しい竹を生産することができるといわれていますが、タケノコも含めて、質の良い京銘竹ができるのはこの地域独特の粘土質の「土」とビールやウイスキー工場が近隣にあることでもわかるように「水の質」が大きく関係しています。

ブランド・企業紹介
INTRODUCTION

CEMENT PRODUCE DESIGN

長岡銘竹


長岡銘竹株式会社は、桂離宮・京都迎賓館・平安神宮・松花堂庭園など日本の名所の多くで施工実績を持つ”建仁寺垣・竹垣専門店”です。
”京の名工”に表彰された代表と、”京もの認定工芸士”に認定された職人たちが匠の技で作り上げる竹垣は圧倒的な美しさ。近年では、「京銘竹ボトルスタンド」など現代社会ニーズに合わせた商品にも挑戦。
また日本の伝統産業である竹の魅力を海外にも発信するため、職人が海外へ出向き現地の人に向けて竹垣の実演を行うなどの海外展開も精力的に行われています。

その他のおすすめ


PICKUP