watermark メモブロックS

1,400円(税込1,512円)

在庫 0 売切れ中

透かし模様が美しい、自由に使えるメモブロック

日本の中央に位置する、昔ながらの町並みが残る美しい水に満ち溢れた土地、岐阜県・美濃市。
その美しい土地で作られる、1300年以上続く伝統工芸品である、丈夫で風合い豊かな紙として知られる
美濃和紙を、プロジェクトプロデューサーに萩原修氏を迎え、アーティストの高橋理子氏がデザインし、
製造には美濃の個性的な3社、古川紙工株式会社、丸重製紙企業組合、家田紙工株式会社があつまり、
共に現代の暮らしの中に生きる道具として新たな息吹を吹き込んで提案するプロジェクト。
そのプロジェクトで展開されたWartermarkシリーズのメモブロックです。

高度な技法で作られたWartermark(透かし模様)

大切な人へメッセージを残すとき、どんな「紙」に書きますか?
ウォーターマークと呼ばれる美しい透かし模様が特徴的な3120(サンイチニゼロ)
滑らかで薄くなおかつ丈夫な3120 Watermarkは、一般的なウォーターマークの製造方法とは異なり、
模様だけの紙と無地の紙を同時に漉きながら1枚に合わせるという、特別な技法で作られています。
いくつもの厳しい条件を満たす、高度な技術で作られた美濃和紙です。

5種類のWartermarkがそれぞれ50枚ずつ

Forest, Dots, Prism, Stripes, Bubble の5種類のWatermarkが各50シートずつ、
合計250枚のメモブロックなので、ちょっとしたお手紙や日々のメモ、
おもてなしのときの懐紙の代わりなど、使い方はあなた次第です。

暮らしのあらゆるシーンに

正方形のSサイズ、洋2封筒に入るMサイズの2種類をご用意しました。
万年筆やボールペンとも相性が良いこの紙はデスクワークでも大活躍します。
卓上メモはもちろん、ちょっとメッセージを添えたいときのレターペーパーとして、
他にも懐紙の代わりとして暮らしのあらゆるシーンにお使いいただけます。

デジタル製品があふれる時代だからこそ、紙の手紙を送りたい。

watermarkシリーズは光と水と緑に寄り添う、暮らしをイメージしたデザイン。
ノートやメモなど、暮らしの中で気軽に使用できるアイテムを取り揃え、
透かし模様を繊細かつ鮮明に美しく漉き上げるための型の開発に取組み、
万年筆でにじまない日常使い可能な製品に仕上げたそうです。
紙に触れ、送る人を思いながら丁寧にメッセージを綴る。紙の手紙ならではのぬくもりを送る。
デジタル製品が溢れる昨今の生活だからこそ、おすすめしたいお品物です。

商品詳細

ブランド 3120(サンイチニゼロ)美濃和紙
商品名 Wartermark Memo Block(ウォーターマークメモブロック)
種類 Sサイズ
内容 Forest, Dots, Prism, Stripes, Bubble の透かし和紙
各50枚ずつ / 合計250枚
サイズ 縦105mm × 横105 mm × 厚み28mm
素材 paper(透かし和紙)
生産国 日本 岐阜県美濃市
注意事項 *商品の色味はお使いのモニターや環境設定によって、多少異なる場合がございます。
*ウォーターマークは英語で「紙の透かし模様」「透かしを出す意匠」。
 紙を光にかざすと明るく浮かび上がるように見える図柄や模様のことです。
 

ブランド紹介

3120 美濃和紙
3120 (サンイチニゼロ)
日本の中央に位置する、昔ながらの町並みが残る美しい水に満ち溢れた土地、岐阜県・美濃市。 その美しい土地で作られる、1300年以上続く伝統工芸品である、丈夫で風合い豊かな紙として知られる美濃和紙を、プロジェクトプロデューサーに萩原修氏を迎え、アーティストの高橋理子氏がデザインし、製造には美濃の個性的な3社、古川紙工株式会社、丸重製紙企業組合、家田紙工株式会社の三社があつまり、共に現代の暮らしの中に生きる道具として新たな息吹を吹き込んで提案するプロジェクト。