匣庭(はこにわ) 3号鉢(備前焼)

5,300円(税込5,724円)

在庫 3 個 売切れ間近!

color
購入数

匣庭シリーズ 第四弾 唯一無二の景色

匣庭備前焼

 手のひらサイズの庭『匣庭』シリーズの第四弾は日本六古窯の一つでえある備前焼です。備前焼は土づくりから始まり、ひとつひとつ手で形成し、窯焚きは年に1〜2回しか行わないため、限られた数しか生産することができません。
また、釉薬をかけず、絵付けなども行わず、「炎の抜け方」「灰の飛び方」「灰のおこり方」「藁の燃え方」で景色を作るため、全く同じ景色のものは存在しません。
職人の経験と計算に偶然がプラスされてできる焼き色はこの上なく神秘的であり、備前焼ならではの素材の色合いは主役の植物を引き立たせてくれます。

3つのバリエーションをご用意しました

匣庭備前焼

匣庭シリーズおなじみの3号鉢に3つのバリエーション(カラー)をご用意しました。

胡麻(ごま)…燃料に使う松割り木の燃えた灰が降りかかり、その炭が溶けて自然釉となり、胡麻のような粒がつくのが特徴です。

炭桟切(すみさんぎり)…窯焚きの仕上げに高温の窯内に大量の炭がほうり込まれ、その炭に埋もれて還元焼成されることにより多彩な焼き色を生み出します。

緋襷(ひだすき)…炎や灰が直接当たらないように焼成することにより白い土肌になり、藁を巻き付けて焼成することで藁が当たった箇所は緋色に発色します。
全て手生産のため、サイズや焼け具合などに個体差があります。あなただけのオリジナルを、是非お楽しみください。

底に隠れた些細な気遣い。

haconiwa

 匣庭シリーズは、国産の陶器で作られた鉢には珍しく、底には穴が空いており、手間ひまかけて仕上げられています。
穴が空いていることで水はけが良く、根腐れを起こしづらくなっています。
些細なことに気を配り、植物を大切にする工夫が隠れている鉢植えです。
※画像はイメージ画像です。

商品詳細

商品名 匣庭 3号鉢(備前焼)
サイズ 鉢:φ約80mm × 高さ約65mm
受け皿:φ約100mm × 高さ約15mm
重さ 鉢・受け皿セット:約208g
パッケージサイズ 横118cm×縦118cm×高さ103cm
素材 ェ器
生産国 日本 岡山県備前市
注意事項 ※すべて手生産のため、サイズや焼け具合などに個体差があります。
※欠品時は納期2週間〜2ヶ月程度いただく場合があります。
 

ブランド紹介

CEMENT
CEMENT PRODUCE DESIGN(セメントプロデュースデザイン)
大阪、東京を拠点にグラフィック、Web、プロダクトを手がけ、商業施設の広告デザイン企画や商品企画開発、ディレクションなど幅広くプロデュース。また自社プロダクトを企画、生産、流通まで展開し、現在は市場への流通を見据えた形での、日本の各地場産業との協業企画も積極的に進めている。