Ephemera(エフェメラ) cup/金井 悠

9,000円(税込9,720円)

在庫 2 売切れ間近!

カラー
購入数

独特の表情を持つ陶器

金井悠


Ephemera(エフェメラ)とは、絵葉書やマッチ箱などの一時的な印刷物を指します。 また昆虫のカゲロウのように短命で儚いもの、という意味もあります。
このシリーズは、皺をつけた紙のパーツを組み合わせて形を作り、それをもとに石膏型を作ります。その型の中に液状の磁土を流し込むことにより、紙の質感がそのままはっきりと現れます。紙が見せる一瞬の表情を、磁土という半永久的な素材に写し取っています。

紙の原型から生み出される新たな質感、表情の可能性

金井悠

金井悠

2017年に発表された新シリーズ「ephemera」(エフェメラ)は、「石膏型鋳込み」と呼ばれる本来なら陶器の量産に用いられる技法を応用して制作されています。皺(しわ)をつけた紙のパーツを貼り合わせたオブジェを原型にした石膏型を製造する事で、紙の質感を陶器の表面へと宿らせました。紙の柔らかさが持つ特性だけをサンプリングしたような表面効果は、陶土による表現の可能性を感じさせます。

陶土を用いた新しい表現を模索している作家、金井悠。伝統技法を応用しながら様々な技法を導入することで、独特の表情を持つ陶器を生み出しています。2013年までは、パワーマンスを軸とした現代アートのグループ「contact Gonzo」のメンバーとしても国内外で活動。工芸とアートの境界を行き来するような彼の作品は、そういった多岐にわたる経歴から影響が感じられます。

商品詳細

ブランド 金井 悠
商品名 Ephemera cup
カラー 金・銀・黒銀
サイズ 直径6.0cm×高さ4.9cm
重量 100g
素材 磁土
生産国 日本 京都府京都市
注意事項 *電子レンジ使用不可
 

ブランド紹介

SOMEA
金井 悠
1984年兵庫県生まれ。2009年京都精華大学修士課程陶芸専攻修了。現在は京都を拠点に制作。2017年よりプロダクトライン「Ylop」を立ち上げる。
職人工房商品一覧はこちら